ベルリッツ

英会話のベルリッツ。
国際化がさらに進み、今後グローバルに活躍することが求められえる日本人。
ベルリッツは今後日本人が英語を学ぶ理由を、「グローバルに活躍したい」「買収した会社をコントロールしたい」というように定義し、そのようなニーズに呼応した、新たな商品を展開しているようである。
少し値段は張るが、役に立つ商品を開発しているようだ。

資料:
日経コンピュータ 2013/4/4 号

libreoffice

うちのlibreofficeは、バージョンは最新なのだが、固まったり、いちいち保存が遅かったり、、、
忙しい時に限ってうまくペーストもできねぇし、、、
ペーストって、、基本中の基本の機能じゃねえか。

これは仕事ではあまり使い物にならない。
やっぱMS-EXCELとか有料の表計算ソフトじゃないとダメだな。
有料ソフトに追いつくにはまだ数年かかりそうだ。

仕方ない、、、金出すかぁ。。。

人生の長さと成功の時期

人生、皆に神から与えられた時間は一緒で、同じ長さである。
同じ長さであるが、早く成功する人とそうでない人がいる。
限られた時間内に成功するには、どうすればいいのだろうか。

起業の準備をしているという若者がいた。その若者が私が知る温厚な経営者に質問していた。
「起業までに何をすればいいんでしょうかね。私はすべての項目を書き出してそれを順に実行しています。」
経営者は優しげに言う。
「そんなことしていたら、起業までにその項目が終わらないよ。いつまで経っても起業できひんで。」
「じゃあ、どうすればいいんですか?」
「誰でもぶち当たる問題や必要なことに絞り込んで、それをすればええと思うよ」

次の場面。
成功したTV司会者が言う。
「リスクを取ることが、人生の速度を速めるコツやで。
リスクをとればとるほど、成功する時期が早うなるんや。」

また経営者が話す。
「私の知人があるWEBサイトをオープンさせた。
でも誰もやってこなかった。来るのは親戚など知り合いばかりや。
何度も何度も、新しいサイトをオープンさせた。
でも、やってくるのは知り合いとか、サクラとかばっかりや。
それでその知人は、賭けにでた。リスクを取ることにした。
そうすると、今度は大勢のお客さんがWEBサイトにやってきた。
リスクを取ればうまくいく、そう僕は思っている。」

禁TV

禁煙ならぬ禁TVをしてみようと思う。
TVは観ていると楽しくて、どうしてもいつまでも長く観てしまう。
休みの日などは特にである。
良い息抜きで残念だが、心を鬼にして。