ヒトラーの秘密図書館

ヒトラーの秘密図書館 ティモシー・ライバック 文芸春秋 2010年

生半可に学は危険なこと
深々と飲め、さもなくばピエリアの泉を味わってはならぬ
かの泉を浅く啜れば酩酊す
大いに飲めば素面に戻る
アレクサンダー・ポープ「生半可な遊び」

本をせっせと大量に「読んでいる」輩がいるが、彼らは「本をよく読んでいる」とは言えない。
まことに彼らは大量の「知識」を所有してはいるが、彼らの脳には、自分が取り入れた知識を
系統立てて記憶に留める能力がないのだ。書物の中から自分にとって価値のあるものと無価値なものを
選り分ける技術が彼らには欠けている。一つのものを永遠に記憶し、そしてできることならその他のものには
目を向けることさえしないでおく技術が彼らには欠けているのだ。
アドルフ・ヒトラー「我が闘争」

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s